西表島でカヌー・トレッキング・シーカヤックなどのアクティビティ体験が楽しめる海月の観光ツアー

MENU

服装と持物

ツアーの服装

カヌー(カヤック)、トレッキング、シーカヤックツアー参加時の服装と持物について

5月~10月
上下とも濡れたり汚れたりしても大丈夫な服装が基本です。さらに濡れても乾きやすい化繊のもの、日焼け対策、擦り傷防止を兼ねる長袖、長ズボン(足首まであるレギンスなど)がベストです。
※カヤックの乗り降り、パドリングで、膝下、お尻はほぼ確実に濡れるとお考えください。また、沖縄の日差しはかなり強烈なので、日焼け対策はしっかりと願いします。

☆ベストな服装の例

○下半身・・・水着(女性はセパレートタイプ)か、ウォータースポーツ用のインナーの上に、足首まであるレギンス、タイツなど、さらにその上にサーフパンツ
○上半身・・・水着またはインナー(女性)の上に長袖ラッシュガード(日焼け対策にはフード付がベスト)
○頭部・・・サングラス(偏向サングラスがベスト)、帽子(つばが広くヒモ付がベスト)
○足元・・・専用フェルトブーツ(滑りにくく安全です)

※5、6、10月ごろは、急に寒くなる日もありますが、ウインドブレーカーやカッパ(アウトドア用のものがベスト)があれば対応できます。


3,4,11月
季節の変わり目で、暑い日もあれば寒い日もあるという不安定な時期です。
夏用の服装の上にウインドブレーカーやカッパ(アウトドア用のものがベスト)があれば対応できます。
※たまにフリースが必要なくらい寒いときもありますが・・・


12月~2月
寒い日が多いので自ら泳いだりはほとんどしませんが、カヤックの乗り降りで膝下まで、パドリング中にお尻などは濡れますので、夏期と同じく濡れたり汚れたりしても大丈夫な服装が基本です。
夏用の服装の上にフリース、ウインドブレーカーやカッパなどを着用します。
※この時期は風に吹かれることが多いので、気温よりは寒く感じます。
※水温は、足をつけるくらいならそれほど冷たくは感じないと思います。(本州の夏の川の水よりはぬるいと思います。)

足元
必要に応じて海月で履物をご用意いたしますので、サンダルなどでご参加OKです。

帽子
つばが広くて風に飛ばされないようヒモがついているものがいいです。


持物(デイツアー、キャンプツアー共通)
•ツアー中の飲物(ペットボトル)※夏期は約1L、それ以外の時期は500mlが目安です。
•タオルなど
•デジカメなど(防水デジカメがイチバン)
•日焼け止めクリームなど(※服装でできるかぎり日焼け対策をするのがベストですが)
•虫除けスプレーなど(夏期はあまり虫はいませんが、10月頃~6月頃は多いときがあります。
•常備薬(※海コースの場合、乗り物酔いしやすい人は、酔い止めをご持参ください)
•防水バッグ(※無料レンタルのものありますが、中が浸水した場合の補償はできません)
•サングラス(偏向サングラスがベスト)
•シュノーケルセット※無料レンタルもあります

持物(キャンプツアー)
•着替え、アウトドア用カッパなど
•ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ウエットティッシュなど
•サンダル(ずっとブーツでは足がふやけます)
•嗜好品
•虫除けグッズ
•ヘッドランプ、懐中電灯
•遊び道具(釣り道具とか)
•ライター、ポケットナイフなど

レンタル  ※現在、無料レンタルサービス中です
フェルトブーツ 500円
シュノーケル3点セット 1,000円(マスク&シュノーケル500円、フィン500円)
•※すべてレンタルの場合1,000円

ツアーについてわからないことがありましたらお気軽にお問い合わせください TEL 0980-85-5493 または 090-9782-7797 まで
年中無休 7:00~21:00

PAGETOP