先日、急な大雨でマーレー川が増水し、川を渡れなくなった一般観光客を西表島カヌー組合のメンバーで救助したのですが、八重山警察署より感謝状を頂きました。

西表島の観光客救助で感謝状|NHK 沖縄県のニュース https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20191017/5090008106.html

感謝状

感謝状

八重山毎日新聞

八重山毎日新聞

以下、表彰された際のコメントです。

まず、この度は登山者が無事に救助できて良かったです。

八重山警察署からの連絡を受けて、すぐに西表島カヌー組合所属ガイドで作るライングループに情報を流しましたが、迅速に対応していただいた組合員の仲間達にはとても感謝しています。

西表島カヌー組合では、傷病者、災害状況を想定して、毎年合同で救助訓練をしています。特に昨年は同じ場所で渡渉救助をしたこともあり、今年の救助訓練では、念入りに増水時の対策、渡渉方法、救助方法を検討した事が役に立ったのだと思います。

まだまだ検討する課題は多いですが、今後も警察署、消防団、海上保安庁、竹富町など関係機関としっかり連携して、要請があれば、二次災害に十分注意し、素早く協力できる体制を整えていきたいと思います。

あと、観光で訪れる皆様へのお願いですが、西表島の山、海、川での遊びは、現地の知識なしで遊ぶにはけがや遭難などのリスクが高いので、できればガイドツアーへの参加をおすすめします。

その際、ツアーを企画する会社もたくさんありますが、地元に密着した、団体所属の現地ガイドを頼むようにお願いします。現地の状況、天候の変化に熟知し、いざという時は横のつながりや協力体制が確立されていて、助け合いの精神もあるので安心して楽しんでいただけると思います。